外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは、日本の企業が開発途上地域等の優秀な若手人材を受け入れ、日本の技能や知識を習得してもらい、帰国後に母国の経済発展に寄与してもらう 国際貢献活動です。
受入れ可能職種が定められており、これに該当する企業様は当組合のような監理団体を通じて実習生と雇用契約を結んでいただきます。
技能実習生を雇用することで、受入企業様においては、社内の活性化・国際的な社会貢献などが期待できます。